競争優位を実現するファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略”

競争優位を実現するファイブ・ウェイ・ポジショニング戦略”

星野リゾートの星野社長が監修されているということで購入してみました。

本書でいうファイブウェイは以下の5つの要素。

  • 経験価値
  • 商品
  • アクセス
  • サービス
  • 価格

このうち1つで市場支配を、

別の1つで差別化を、

残り3つで業界水準を達成すること。

それが、コモディティ化と資源の有限性ちおう経営課題を解決し、競争優位に立つための理想のスコアであると本書では述べます。

5つの要素ごとに、その要素で支配している企業を例にとり、紹介していきます。

それぞれの項で説明が非常に細かく記載されており、参考になります。

なお、アクセスには物理的なアクセス心理的なアクセスがあります。

また、経験価値には外的な経験価値内的な経験価値がある。前者はいわゆる経験で、シェフが目の前で料理を焼いてくれる等が該当する。後者は、消費者が抱く感情と結びついた個人的な経験で、大切に扱われているか、要望に対してお店は積極的に対応してくれるか等々が該当します。

本書の裏には星野社長の言葉が書かれています。そこには「教科書通りに試してみる価値がある」と述べられています。レッツチャレンジですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする