伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」。仕掛けに途中から頭が混乱したけど、新鮮味があり面白く読めます!

伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」。仕掛けに途中から頭が混乱したけど、新鮮味があり面白く読めます!

ラッシュライフ、読んでみました。

物語の始まりの前に、英語のlash、lush、rash、rushの意味が書かれています。

本書のタイトルであるラッシュライフは、「lash life」であり、「lush life」であり、「rash life」、「rush life」でもあるってことですね。

うまいなぁと感心します。

ラッシュライフは5人の人物のストーリーが並行して進んでいきます。

5人それぞれの人生がlash、lush、rash、rushのいずれかに紐づいているようです。

本当、こういう仕掛けはいいですね。

半分程度まで読み進めていく中で、各人物のストーリが重なるんだけど、「あれ、これはどういうことだろう」と思うことがあります。各ストーリーの時間軸がずれているんですよね。

しかもずれ方がかなり大きい。

これもうまいなーと思いましたね。

けっして明るい話ってわけでもありませんが、伊坂幸太郎さんの著作は読んでて楽しい気持ちになります。

登場人物、ストーリー自体に引き込まれるのは勿論ですが、こういった仕掛けが新鮮でよいのかもしれません。

次の作品も楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする