伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」は驚きの展開の連続で途中で読むのをやめるのが困難だった

伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」は驚きの展開の連続で途中で読むのをやめるのが困難だった

最近お気に入りの伊坂幸太郎さんの小説、「陽気なギャングが地球を回す」を読みました。

伊坂作品ではいつものことですが、本作品の登場人物も特徴のある人物が多いですね。

読む前から予想はしていましたが、驚きの展開が続きます。

しかも連続で。

これは途中で読むのが難しいですよ。

睡眠時間を削って一気に読み終えてしまいました。

本書は映画化されているようなので、今度借りてみますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする