PuTTYの読み方を誤解していた

サーバへの接続用ソフトウェアとして、TeraTermではなくPuTTYを使用しているカモトラです。

いまさらですが、PuTTYの読み方を誤解していました。

PuTTYを「プティ」と呼んでいました。

公式には「パティ」と読むと明記されています。

wikiには以下のようにありました。

公式には英単語の”putty”(「充填材」の意)のように”/ˈpʌti/”=「パティ」と読まれる。しかし、日本語では「プッティ」又は「プティ」とも読まれ得る。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/PuTTY

一応、プティでも良いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする