Windows Updateの更新プログラムの確認が終わらない…。でも諦めるのは早い!


Windows Updateの更新プログラムの確認が終わらない

外出用に使用しているLet’s noteはwindows7 SP1ですが、Windows Updateを実施した記憶がありません。

メモリを増設して快適になったことですし、Windows Updateを実施してみることになりました。

Windows Updateの実施方法

コントロールパネルのWindows Updateから実行します。

Windows Update

Windows Updateの画面が表示されてから「更新プログラムの確認」を押すと、「更新プログラムを確認しています...」と表示されます。更新プログラムを確認しています...

更新プログラムがあるようなら表示され、なければない旨が表示されます。

更新プログラムの確認

カモトラは朝3時頃に「更新プログラムの確認」を押しました。普段から使用しているThinkpadだと数分もすれば結果が表示されるのですが、Let’s noteでは中々結果が表示されません。

朝まで待てば終わるだろうと思いそのまま寝たわけですが、朝7時30分に確認したところ、なんと終わっていません。この日はいったんここで諦めPCを停止しました。

長期戦に向けて電源の時間変更

Windows Updateを実行した記憶がないため、大量の更新があるのだろうと考え、長期戦を覚悟しました。

長期戦に臨む場合、自動で電源が停止しないように設定したほうがよさそうです。(検証していませんが、途中でPCがシャットダウンされてはたまりませんから)

シャットダウンまでの時間はコントロールパネルから実行できます。

「電源オプション」をクリックします。

電源オプション

電源プランの選択では「パナソニックの電源管理(標準)」と「省電力」がありますが、今回は「パナソニックの電源管理(標準)」を選択し、横にある「プラン設定の変更」をクリックします。

※厳密にはどちらを選択しても、「プラン設定の変更」内の設定が有効になるため問題ありません。

電源プランの選択

長期戦ですからもちろん電源に接続しています。「電源に接続」の「コンピューターをスリープ状態にする」を「なし」に変更します。

設定変更

時間は細かく選択できます。

時間選択

変更の保存を押すと、変更が反映されます。

変更完了

これで準備万端です。

更新プログラムを確認(2回目)

翌日、就寝前の1時30分に「更新プログラムの確認」を実行。

windowsタスクマネージャーでプロセスのCPUやメモリを確認。

Windows タスクマネージャーの起動方法

ご存じない方のためにタスクマネージャーの起動方法を説明します。

画面の下部(場合によっては右や左、はたまた上にしているかたもいるかと思います)にあるタスクバーで右クリックすると、以下の画面が表示されます。

ここで「タスクマネージャーの起動(K)」をクリックします。

ちなみに「(K)」と書かれていますが、この表示した状態でキーボードの「K」を押すとタスクマネージャーが起動しますということを表しています。ショートカット的なものですね。

タスクマネージャーの起動

画面が表示されます。

2016-10-01-01-15-18

Windows Updateの欄で右クリックをすると下の写真のような画面になります。

2016-10-01-01-15-19

ここでプロセスの表示をクリックします。

2016-10-01-01-15-22

先ほどまでは「アプリケーション」タブが表示されていましたが、ここでは「プロセス」タブが表示されます。Windows Updateに該当するプロセス「explorer.exe」の行が選択された状態で表示されます。

2016-10-01-01-15-24

ここで気になるのは、メモリはそれなりに使っているものの、CPUは0です。これ、動いているんでしょうか。

不安になりながらも、そのまま放置してみることにしました。

約10時間かかりました

朝7時30分に確認した時点ではもちろん終わっていません。ここまでは想定通り。

帰宅後に確認すると更新プログラムの確認は完了しています!最終確認時間が11時33分となっていました。

更新プログラムの確認終了

開始時間:1:30

終了時間:11:33

結果的には更新プログラムの確認に約10時間かかったということですね。これは長い…。

ここまでで更新プログラムの確認のみが終わっている状況で、この後、更新プログラムのインストールを行う必要があります。これには一体どのくらいの時間がかかるのだろう。

更新プログラムのインストール

先ほどの結果から、更新プログラムは222個ファイル、1,081.4~1,081.6MB程の容量のようです。

約1GB。大きいですね。

インストール前のダウンロード

プログラムインストールの前にはダウンロードをする必要があります。

「更新プログラムのインストール」をクリックすればダウンロードも自動で行ってもらえるので、目視で確認した時間のみ以下に書きます。

開始時間:0時20分

ダウンロード時間:約45分

インストール完了

朝起きるとインストールが完了していました。

インストール終了時間:4時29分

インストール完了

開始時間:0時20分

インストール終了時間:4時29分

更新プログラムのインストールに約4時間かかったということですね。

確認にくらべれば短いですが、ちょっと長い。

ちなみにカモトラのようにWindows Updateを実施していない場合は、複数回Windows Updateを行うほうがよいです。1回目のWindows Updateには対象にならなかった更新プログラムが2回目には対象になるということは多々あることですから。

カモトラの場合、2回Windows Updateを実行しましたが、いまだに以下のように「更新プログラムがあります」と表示されます。

更新プログラムがあります

「更新プログラムがありません」と表示されるまでまだ時間がかかりそうですね。

結論

Windows Updateには長時間かかることもあります。途中で諦めずに待ちという手段も1つの選択肢として考えておくのがよいかと思います。

そうならないためにも、Windows Updateは定期的に実施しましょう。少なくとも1ヶ月に一度は実施すべきですね。

スポンサーリンク
ad-1
ad-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする