体操からエアリアルに転向し、オリンピック初出場の田原直哉選手に注目!

平昌五輪でエアリアルに出場することになった田原直哉選手。

37歳で初のオリンピック内定ということで、田原直哉選手の経歴を知り、非常に応援したくなりました。経歴はのちほど紹介します!

田原直哉選手が出場する「エアリアル」という競技をご存知でしょうか

エアリアル(aerial)は、空中演技を競うスキーのフリースタイル競技の1つ。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/エアリアル

田原直哉選手の経歴

田原直哉(たばら なおや)選手

昭和55年(1980年)12月24日生まれ

和歌山県出身

身長:165cm

体重:68kg

ブログ:http://www.naoya-tabara.jp

2018年1月現在で37歳となら田原直哉選手ですが、元々は8歳から体操競技を始め、体操の道を歩んでいたそうです。

田原直哉選手の一言が印象的です。

「俺が辞めたら誰がこの競技を引っ張るのか」

田原直哉選手、応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする