穴八幡宮の参拝・御守り購入で並ばずに住む方法をご紹介!2017年は並ばずに購入できました!

一昨年・去年に引き続き、今年も穴八幡宮の参拝・御守り購入の時期となりました。

去年の記事:穴八幡宮の一陽来福で金運アップ!!

毎年2時間近く並ぶことになる年末前の行列イベントですが、カモトラにとっては定番の行事となっています。

毎年お昼前後に並ぶのですが、今年は周りの人たちの話を参考に、「穴八幡宮で並ばないで参拝・御守り購入する」方法を試してみました。

特に参考になったのが、「朝8~9時ぐらいの時間帯が並ぶ時間が少ない」というお話です。

カモトラは朝9時過ぎ頃に早稲田駅に到着。(予定より遅れてしまいました)

早稲田駅の3b出口から地上に出て、右に進むと穴八幡宮があります。

例年のごとく、警察官のかたが誘導されていました。

正門の様子。

朝9時頃だと、この鳥居のすぐ下ぐらいから並ぶことができました。

それでも待ち時間は1時間30分ほどとのこと。

例年の2時間に比べると短いのですが、さすがにキツイなぁ。

そう思って並ぼうとしたところ、案内してくれてる人が、北側にある入り口、北参道という名前らしいですが、そちらから並ぶと30分程度で購入できるとアナウンスしていました。

北参道、例年では出口にあたる箇所ですが、今年はそちらから入ることができるようです。

北参道の入り口。

裏口のような感じですね。

案内してくれた人の言葉通り、というか言葉以上ですが、まったく並ばずに販売している場所まで進むことができました。

すごくすいていて気持ち良いです!

北参道側の販売箇所は室内になっていました。こんな感じです。

今回の購入品はこちら。

今年の方角はこんなかんじです。

子(ね)と亥(い)の間のようです。

子が北を表し、北から東→南→西→北と、ね、うし、とら…と順に時計回りに回っていくような仕組みになっています。

そのため、子(ね)と亥(い)の間が示す方角は北北西。

北北西の方角に張り付けて、一陽来福御守がその反対方向、つまり南南西の方向を向くように張り付けるわけですね。

ちなみに、一陽来福御守は丸っこくなっており、そのままでは壁に貼り付けるのが大変なので、台紙を購入することをお勧めします。

台紙は出店で購入できますよ!

さて、御守り購入・参拝が終わった後、正門から並んでいる列を見ることができました。正門から並ぶとこんな感じです。かなり並んでますね。

境内にお地蔵様がいらっしゃいました。多くのかたが触っていたので、カモトラも触ってきました。

その後、御守りを貼るための台紙を購入。

貼ったときのイメージですが、こんな感じです。

写真の一番右です。

ちなみに、これはこれは昨年購入した御守りの一部です。

帰りは甘酒&焼き鳥を頂きました。

びっくりしたんですが、ここの甘酒、かなりうまいです!他のお客さんたちも驚いていましたよ。

今まで飲んだ甘酒でベスト1です!それぐらいおいしかった。

ちなみに甘酒は200円!アルコールは入っていません!念のため確認しました。

焼き鳥は3本で500円です!

例年とは異なり、かなり余裕をもった参拝・購入となりました。

ちなみに、帰り際の10時の時点では北参道側の入り口も行列ができており、道路にも人が並んでいました。

それでも正門側に比べると短い時間で参拝・購入できそうではありました。

穴八幡宮の参拝&御守り購入で時間を節約するためには、以下のように行動することがよさそうです。

  • 朝9時に早稲田駅に到着する
  • 北参道側から入場する

来年、このことを覚えているか不安ですが頭の片隅にいれておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする