2016年版 期待していたけど残念だった映画3選


期待していたけど、ちょっと残念だった映画3選

観る前は期待していたけど、実際に観てみると残念な気持ちになった映画3選。ご紹介です。

21グラム

「人は死ぬと体重が21グラム減る」という話を聞いたのはこの映画の宣伝で。

それ以来、いつか借りてみてみようと思っていたわけですが、2016年になってやっとその機会がありました。ほぼ10年越しです。

観た感想は「えっ!それだけなの」。。。

はい、触れられるのは一瞬だけ。ストーリー自体は面白いですが、期待していたい分、非常に残念な気分になりました。

 ギヴァー 記憶を注ぐ者 (2014)

予告編を観て期待した作品。

読んだことはありませんが「ロイス・ローリー」の「ザ・ギバー―記憶を伝える者」が原作。

ネタバレになりますが、話の中心になっている「世界」の近くに別の普通の世界があって、なんだこりゃと思いました。

ラースと、その彼女

ダッチワイフを彼女として紹介するなんて面白そうじゃないか!

そんな第一印象。それにYahoo!映画での評価も3.98点と割と高めです。

期待していたのですが、カモトラの印象は「終始、抑揚がない感じの映画」。面白くないわけではないのですが、淡々と話が進んでいき、ちょっと残念でした。

スポンサーリンク
ad-1
ad-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする