IFFJで「ボンベイ・ベルベット」を観てきました!!

IFFJで「ボンベイ・ベルベット」を観てきました!!

IFFJ@大森でボンベイ・ベルベットを観てきました!

PKで主演女優をつとめたアヌーシュカ・シャルマが主演女優です。

彼女の歌声とナイススマイルがきらめいている映画でしたね!

クライム映画に分類される本作品。ストーリー自体は犯罪ものですが、アヌーシュカ・シャルマの存在がストーリーを和らげていたと感じます。

本作は1960年代のインドを舞台にした物語。

成り上がりたい考えるランビール・カプール演じる主人公バイラージが、罪をおかしつつ成功に向かって突き進んでいきます。

タイトルの「ボンベイ・ベルベット」は娯楽施設の名前です。バイラージが支配人をつとめています。

そこでうたっているのがアヌーシュカ・シャルマ演じるロージです。

2人の愛の物語でもあるのですが、突っ込みたくなるほど簡単に邪魔物を消していくバイラージの姿は狂気に満ちていました。

子供のころからの友との友情も描かれていますが、いつからか上司と部下のような関係になってしまっていて、観ていてちょっとなーと感じます。

そして、ハッピーエンドなのかなと思っていましたが、そこはやはりクライム映画。

そうなるのかーという終わり方でした。

歌のシーンも多く聞き惚れはしましたが、インド映画によくある「突然皆で歌いだす」ようなエンターテイメント性がなかった点は残念でしたね。

次回放映は2017年1月2日です。

気になる方は是非ご覧下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする