「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3段「インフェルノ」を鑑賞してきました!


「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3段「インフェルノ」を鑑賞してきました!

「ダ・ヴィンチ・コード」と「天使と悪魔」を観て復習が終わったので、早速「インフェルノ」を観てきました。

感想

「これってダ・ヴィンチ・コードのシリーズだよね」。

映画が始まって最初に感じた感想がこれです。

これまでの「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」とは大きく異なる始まり方をしていました。

バイオハザードを観てる印象ですね。

今作は「ダンテ」がテーマになっています。最初にでてくるのが「新曲」の「地獄篇」。

そこから謎解きが始まります。

謎解きが始まると、これまでのシリーズ同様、テンポよくダイナミックに話が展開されていきます。

終盤に差し掛かると人間関係が難しく感じたりもしましたが、期待を裏切られる展開に手に汗握ってみていました。

ネタバレになりそうなので書きませんが、「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズのファンなら必見です。

予断ですが、今作品にはインドの映画俳優イルファーン・カーンが出演しています!

書籍を購入

「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」同様、映画鑑賞直後に書籍を購入しました。

映画で語られなかった内容に触れられているでしょうから、読むのが楽しみです。

dsc_1340

スポンサーリンク
ad-1
ad-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする