パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」を観ました!

1782年から1840年に活躍したヴァイオリニストのパガニーニが物語です。

「愛と狂気のヴァイオリニスト」の副題の通り、パガニーニはヴァイオリニストとしては異端な存在。

パガニーニ自身は不道徳でぶっとんだ人なんだけど、そんなパガニーニが奏でる音楽は素晴らしい旋律をもたらしてくれる。

そのギャップがすごいですよね。

カモトラは音楽関連の映画が好きでよく観ます。

その流れで本作も観たのですが、やはり音楽はよかったです!

ただ、正直に言うと、パガニーニの人柄にはひいてしまうものがありました。

また観たいかと聞かれると即答できませんが、観るなら音楽シーンだけを観たいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする