シン・ゴジラには物凄くがっかりさせられた

シン・ゴジラには物凄くがっかりさせられた

タイトルの通りです。

見る前には期待しかありませんでしたが、観た後のガッカリ感が半端ないです。

「もしも現実の日本にゴジラが現れたら」というようなニュアンスで作られたのでしょうか。

ゴジラが活躍する場面が少なすぎなうえに、よくわからない会話が多すぎる。

早口な人やボソボソ話す人、みんなそれぞれ違っていて、現実にもたくさんいますが、わざわざこの映画で登場させなくてもよかったんじゃないかなぁと。

原発事故を彷彿させるようなメッセージ性を感じました。

でもそれはゴジラでやってほしくなかったなぁ。

そんな気持ちです。

唯一、進化前のゴジラの「目」と、無人の電車爆弾には笑わされました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする