インド映画だけどインド映画っぽくない「映画めぐり逢わせのお弁当」

インド映画だけどインド映画っぽくない「映画めぐり逢わせのお弁当」

ムンバイのダッバワーラ(お弁当配達)による誤配がうんだ物語。

インド映画といえば、突然始まる歌やダンスを思い浮かべますが、この映画はそういったものはありません。

また、インド映画は長時間のものが多いのですが、これは100分超と短めな映画になっています。

そして、終わりがすっきりするのがインド映画というイメージがカモトラにはありますが、この映画はそうではありません。観る人に結末を想像させるものとなっています。

つまり、この映画はインド映画であるものの、インド映画っぽくない映画です。

観た直後はしっくりきませんでしたが、少し時間がたって思い返すと、こういった終わりのインド映画もアリかなと思います。

それにしても、ダッバワーラ(お弁当配達)の仕組みは凄すぎです。

実際に600万件に1件しか誤送が発生しない仕組みのようで驚愕ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする