AIXコマンド リファレンス


AIXコマンド リファレンス

aixlogo

仕事柄AIXを使用することが多いので、備忘録を兼ねてここに記録しておきます。今回は一般的なコマンドのみの記載です。

(※)AIXを知らない方に簡単に説明すると、AIXはIBM社が作っているUNIXのOSです。Linuxという名称は一般の方にも知られてきているとは思いますが、AIXはまだまだといったところですね。

システム情報

コマンド名 説明
oslevel -r Technology Level(TL)やMaintenance Level(ML)を含めたバージョンを表示
oslevel -s Service Pack(SP)を含めたパッチ版数を表示
prtconf システムの構成情報取得

デバイス関連

コマンド名 説明
lsdev -C サーバが認識しているデバイスの情報を一覧表示
lsdev -Cc hdisk サーバが認識しているデバイスのうち、hdiskに関するものを表示
cfgmgr -v デバイスを再認識。既に認識されているデバイスについては変更なし。「-v」をつけることでcfgmgrコマンドの動きが見ることができる。
cfgmgr -vl fcs0 fcs0配下のデバイスに対して、デバイスの再認識を実施。

例としてfcs0を指定しましたが、コマンド実行時点でAIXが認識しているデバイス(lsdevで出力されるデバイス)であれば指定可能。

障害が発生してずれてしまったhdisk番号を元に戻す際に役立ちます。

mkdev  デバイスを削除
chdev  デバイスの情報を変更
rmdev -dl hdisk0 hdisk0を削除
lsattr -El hdisk0  hdisk0の属性情報を表示

lscfg -vl hdisk0

ディスク関連

物理ボリューム(PV)

コマンド名 説明
lspv  AIXが認識しているディスク情報を表示
lspv hdisk0  hdisk0の物理ボリューム情報を表示
lsvg -p testvg  testvgの物理ボリューム情報を表示

ボリュームグループ

コマンド名 説明
lsvg  VG情報を表示
lsvg -o  varyonしているVGの一覧を表示
lsvg testvg  testvgの詳細情報を表示
varyonvg testvg  testvgをvaryonする
varyoffvg testvg  testvgをvaryoffする
chvg  VGの情報を変更
importvg  VGの情報をインポートする
exportvg  VGの情報をエクスポートする
reducevg  VGから物理ボリュームを取り除く

論理ボリューム(LV)

コマンド名 説明
lsvg -l testvg testvgのLV情報を表示
lslv testlv  testlvの情報を表示
mklv  LVを作成
rmlv  LVを削除
chlv  LVを変更

ファイルシステム

コマンド名 説明
lsfs  ファイルシステム情報を表示
crfs  ファイルシステムを作成
chfs  ファイルシステム情報を変更
rmfs  ファイルシステムを削除
mount /testfs  testfsをマウント
umount /testfs  testfsをアンマウント
fsck  ファイルシステムの検査と復旧

スポンサーリンク
ad-1
ad-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする