全ディスク容量をLVに割り当てることの弊害

全ディスク容量をLVに割り当てることの弊害

全ディスク容量をLVに割り当てると、FreeのPPがなくなってしまいますから、BBRの機能が使えません。

ミラー構成にしていたとしても、ブロック不正が発生した瞬間にディスク状態が

「open/syncd」

から

「open/stale」

に変わります。

Free PPを残しておけば、BBRの機能が自動で働くので、このようなことは発生しません。

bad blockが発生した場合、stale PPが増え、Free PPが減ります。

少なくともFreeのPPが1以上はあるようにするのが望ましいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする