VIOS環境でのAIXディスク交換手順(PV-PVマッピングしたディスクがVIOC側で壊れてしまった場合)


VIOS環境でのAIXディスク交換手順(PV-PVマッピングしたディスクがVIOC側で壊れてしまった場合)

タイトルが非常に長くなってしまいました。

要は、VIOSを使ってVIOCにrootvg用のディスクを渡しているような環境で、その渡しているディスクが故障してしまった場合にどういったコマンドを実行していくのか、を説明します。

IBM Knowledge Centerを参考にさせていただきました。AIX 5.3の環境をイメージしていますが、AIX 7.1でも同じコマンドで交換可能です。

IBM Knowledge Center

2本のディスクでミラーを構成しているrootvgで、ダンプデバイスのセカンダリーを構成しているディスク(hdisk1)が故障した想定して説明していきます。

VIOC上で実施

事前確認

lspv

lsvg -l rootvg

lvの状態が、staleになります。

lsvg -p rootvg

hdisk1がmissingと表示されます。

ダンプデバイスの解除

sysdumpdev -l

sysdumpdev -P -p ‘/dev/sysdumpnull’

sysdumpdev -P -s ‘/dev/sysdumpnull’

sysdumpdev -l

ダンプ出力先が一次、二次ともに/dev/sysdumpnullになります。

ダンプデバイスの削除

rmlv dump1lv

rmlv dump2lv

lspv

lsvg -l rootvg

lsvg -p rootvg

ミラーの必要がないダンプ出力先のデバイス(dump1lv、dump2lv)が削除されたことを確認します。

ミラー解除

unmirrorvg rootvg hdisk1

hdisk1をアンミラーします。

lspv

lsvg -l rootvg

lsvg -p rootvg

rootvgからの離脱

reducevg rootvg hdisk1

hdisk1をrootvgから外します。

lspv

lsvg -l rootvg

lsvg -p rootvg

デバイスの削除

lsdev -C

lscfg -vl hdisk1

rmdev -dl hdisk1

lsdev -C

ここからVIOS

lsmap -all

VIOS-VIOCの紐付けを確認します。

実行結果の例(VIOSからマッピングが消えてる場合)

SVSA Physloc Client Partition ID
—– ——- ——————-
vhost10 U8xxxxx 0x00xxxxxxx

VTD   NO VIRTUAL TARGET DEVICE FUND

実行結果の例(VIOSからマッピングが消えていない場合)

SVSA Physloc Client Partition ID
—– ——- ——————-
vhost10 U8xxxxx 0x00xxxxxxx

VTD  vtd10
Status  Available
LUN   0x8xxxxxxxxxxx
Backing device  hdisk10
Physloc   U58xx.001….-P3-D10

VIOCで認識していたhdisk1は、VIOS上ではhdisk10となります。

デバイス削除

rmdev -dev vhost10

lsmap -all

VIOCへの紐付けがなくなったことを確認します。

環境変更

oem_setup_env

OEMソフトウェアのインストール・セットアップ環境に入ります。AIXのコマンドが使えるモードです。

デバイス削除

lsdev -C

lscfg -v

rmdev -dl hdisk10

lspv

CEによるディスク交換

CEさんに連絡してディスク交換してもらいます。

サポート契約がないようなら、自身で交換します。

VIOSの先ほどの作業の続き

デバイス認識

cfgmgr -v

lspv

マッピング

mkvdev -vdev hdisk10 -vadapter vhost10 -dev vtd10

PV-PVマッピングします。

lsmap -all

VIOC上で実施

デバイス認識

cfgmgr -v

lspv

lsvg -l rootvg

lsvg -p rootvg

rootvgの拡張

extendvg rootvg hdisk1

hdisk1をrootvgに組み込みます。

lspv

lsvg -l rootvg

lsvg -p rootvg

rootvgのミラーリング

mirrorvg -m rootvg hdisk1

hdisk1へミラーリングします。

lspv

lsvg -l rootvg

lsvg -p rootvg

ダンプデバイス作成

mklv -t sysdump -y dump1lv rootvg 20 hdisk0

mklv -t sysdump -y dump2lv rootvg 20 hdisk1

20はダンプデバイスのLP数。環境によって適時、値を変更してください。

lsvg -l rootvg

ダンプデバイスの設定

sysdumpdev -l

sysdumpdev -P -p ‘/dev/dump1lv’

sysdumpdev -P -s ‘/dev/dump2lv’

sysdumpdev -l

最終確認

lspv
lsvg -l rootvg
lsvg -p rootvg

lvがsyncになっており、かつrootvgを構成するhdiskがactive状態であれば問題ありません。

以上で、交換完了です。

スポンサーリンク
ad-1
ad-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする