centos7での/tmpの削除

centos7から/tmp内のファイル削除の仕組みが変更になっています。

centos6

cronが「tmpwatch」をキックして削除

tmpwatchはatimeを参照して削除対象を決めます。

centos7

「systemd-tmpfiles-clean.timer」実行され、「systemd-tmpfiles-clean.service」が起動、「/usr/bin/systemd-tmpfiles

–clean」コマンドで削除しています。

その際、以下のディレクトリ配下のconfファイルの内容に従って処理されます。

/etc/tmpfiles.d/

/run/tmpfiles.d/

/usr/lib/tmpfiles.d/

「systemd-tmpfiles –clean」は、「atime」「mtime」「ctime」のすべてを参照しています。

動作の動きにご注意ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする