WWNとWWNNとWWPN

WWNとWWNNとWWPN

名前が似ているこの3つ。記事のタイトルを見ていると目がチカチカしそうですね。

SANやFibre関連の作業をしているとWWN、WWNN、WWPNといった名称を聞くことが多々あります。

それぞれどう違うのでしょうか。順番にみていきます。

WWNはworld wide nameのことです。

WWNNはworld wide node nameのことです。

WWNNはノード(機器ですね)に1つ付与されるもので、機器用のWWN。

WWPNはworld wide port nameのことです。

WWPNは「port name」とあるように、FCのポート(正しくはインターフェースですね)ごとに付与されるものです。いわゆるFC用のWWN。

紛らわしいですが、WWNNとWWPNはnodeかportの違いはあれど、両者ともにWWNを表していることに違いはありません。覚えておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする