【Linux初級編】ファイルの中身を表示する

ファイルの中身を表示するには、catコマンドを使用します。

以下では、「kamo」というファイルの中身を確認しています。

「kamotora」と表示されていますが、これがファイル「kamo」に書かれている内容となります。

catコマンドですが、「cat」の部分は猫ではありません。「連結する」という意味の「concatenate」という単語の一部を抜き出したものです。「連結する」ことを表すcatコマンドがなぜファイルの中身を表示するのか。

Linux初級編ということなので、説明は省かせていただきます。

あまり深いことは考えず、まずは「ファイルを表示するにはcatコマンドが使える」とだけ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする