/var/log/messageに「rsyslogd-2184:action ‘*’ treated as ‘:omusrmsg:*’」のメッセージが出力された

rsyslogの起動直後に「/var/log/message」に以下のエラーが出力されていました。

出力されたメッセージからは「*」は将来的にサポートしなくなり、actionの箇所の「*」は「:omusrmsg:*」という風に解釈すると読み取れます。

エラーがでた際の設定は以下の通りです。

メッセージ内容に従い、以下のように変更しました。

actionの箇所の「*」を「:omusrmsg:*」に変更することで、今回のエラーは出力されなくなりました!

ちなみに、「omusrmsg」って何だと思いますか?

カモトラも初めて聞きました。調べてみたところ、「User Message Output Module」というモジュールがあり、そのモジュール名が「omusrmsg」のようです。

ログ出力に必要な機能を提供してくれているようです。

The omusrmsg plug-in provides the core functionality for logging output to a logged on user. It is a built-in module that does not need to be loaded.

参考URL:http://www.rsyslog.com/doc/omusrmsg.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする