【mysql】selectの結果をinsert文のインプットとするSQL文のご紹介

タイトルが若干わかりづらいですね。

selectの結果をinsert文のインプットとすることができます。今回は、そのようなあまり馴染みのないinsert文のご紹介です。

以下のようにselect文の結果をinsertすることができます。

このSQLはtest1テーブルの全データをtest2テーブルに格納するSQLです。

select文内でwhereを使ってデータを絞り込めば、insertされるデータはそのwhereで絞ったものになります。

以下ではtest1テーブル内でageが20以上のデータをtest2テーブルにinsertしています。

こういったinsert文の使い方、結構便利だったりしますので、覚えておいて損はないですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする