iPhoneのバッテリー交換

iPhoneのバッテリー交換

iphoneを私用携帯として使用しているカモトラですが、2,3時間使用すると電源が落ちてしまうほどバッテリーがやばくなってきました。

バッテリー交換について簡単にまとめました。

denchi9v9a2328_tp_v

iPhoneのバッテリー交換時期の目安

iphoneに限らずですが、携帯電話のバッテリーは使えば使うだけ、どんどん持ちが悪くなっていきます。

とはいっても、新品のiPhoneであればバッテリーの劣化には気づきませんね。

使い始めて1年ほどで、バッテリーの持ちが悪くなってきたことに気付くかと思います。

そして、2年目を過ぎるころには、バッテリーが一日持たないという状況になるのが一般的です。

※個人差あり

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには

バッテリーも持ちが悪いからと言って、簡単にバッテリー交換できないのがiPhoneの痛いところ。

しかもバッテリー交換は無料ではありません。

修理に1万円ほどかかります。

しかも預ける必要があるので、しばらくiPhoneが使えなくなります。

そうならないためにも、なるべくバッテリーを長持ちさせるようにしたいところ。

携帯の充電頻度が高ければ高いほどバッテリーの劣化が進むのが早くなるので、普段からバッテリーをあまり減らさないようにすることですね。
例えば、こんな方法でバッテリーを長持ちさせることができます。

  • 画面の明るさを暗めに設定する
  • Wi-Fiを使わない場合はオフにする
  • 使わない時間が長い場合などは機内モードにしておく

iphoneのバッテリー交換

バッテリー交換方法は以下の通り。

  • メーカー修理
  • 修理専門店での交換
  • 自分で交換

iPhoneのバッテリー交換は本体を分解する必要があり、簡単に自分でバッテリー交換はできません。

iphoneの保証サービスに加入している場合、年額8000円程度で2回まで無償でバッテリー交換を行ってくれます。

破損や水没のために加入しているなら利用したいところですね。

まとめ

バッテリーの持ちが悪くなるころには、2世代分新しいiphoneが発売されているでしょう。

そのタイミングで機種交換するのもよいのですが、バッテリーを交換して長持ちさせる方法もあるので、まだ今のiphoneを使いたいという場合にはバッテリー交換がオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする