ソーシャルレンディング最大手で業界シェアNo1のいいmaneo

ソーシャルレンディング最大手で業界シェアNo1のmaneo

資産運用の一環としてソーシャルレンディングを始めようと準備中のカモトラです。

今回は業界シェアNo.1のmaneoをご紹介します。

初めてのソーシャルレンディングということで、業界シェアNo.1は安心です。

maneoの特徴

お金を貸す側として安心できる仕組みがmaneoにあります。

投資案件の事前チェックと、分散貸付です。

投資案件の事前チェック

maneoの対象となるのは事業性資金であり、事業の収益性や企業の業績・財務状況などがチェックされ、maneoの審査をクリアした投資案件だけがmaneo上で募集開始となります。

分散貸付

maneoでは一つのローンファンドが複数の貸付債権で構成されています。

maneoの仕組み

投資家(貸付する側)は投資をして、分配を受け取るだけ。

投資(お金を貸した)後は運用が終わるまで待つだけです。

※maneoのサイトより画面をキャプチャしました。

maneoのローンファンドの特徴

投資可能金額が5万円からのローンファンドが多いですね。

また利回りについては5%以上というものが多いですね。

銀行に預けることに比べると断然利率が良いですね。

預ける期間は案件によりますが、1ヶ月のものから20ヶ月を超えるものまで幅広くありますね。

maneo側にチェックされているとはいえ、元本が保証されているわけではないので、長期よりは短期間の方が安心しますね。

とはいえ、せめて1ヶ月じゃちょっと短すぎるので、個人的には半年ぐらいは運用したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする