dockerのrunコマンドでの2通りの書き方

docker でコンテナをbuildする際、runコマンドで命令を書きます。

その際、以下の2通りの書き方ができます。

両者の違いはレイヤ数。

前者はレイヤ数が2、後者がレイヤ数が1となります。

レイヤ数には上限があるため、後者の書き方がオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする