Apacheで「connection refused」が発生したときに見逃しがちなこと

Apacheでコンテンツが表示されることを確認するため、curlコマンドを実行される方が多いかと思います。

さぁcurlで確認だ!と意気揚々で実行したところ、

まさかの「connection refused(接続拒否)」発生。

connection refusedの発生には色々と原因はあるのですが、見逃しがちなことの一つとして、「Apacheが起動していることの確認」です。

Apacheが起動していないと接続拒否されるのは当たり前です。

当たり前とはいえ、結構見逃されることなので、まずはプロセス確認を行ってみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする