変数を自動的にエクスポートする方法

普段、変数をエクスポートする場合は、以下のようにexportコマンドをつけることでエクスポートしていると思います。

あまり知られていませんが、自動でエクスポートする方法があります。今回は変数を自動的にエクスポートする方法をご紹介します。

「set」コマンドの「allexport」オプションを使用します。

このコマンドを実行したあとは、変数を定義するたびに自動でエクスポートされることになります。

実際にやってみましょう。

kamo=”tora”で実行した内容がexportされていることがわかります。

「allexport」オプションを修了する場合は、以下のように「+」を用います。

ちなみに、以下のように「-a」オプションをつけることでも、自動でエクスポートされるようになります。

便利だけど、意外と知られていないオプションでした!是非活用してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする