gzipコマンドで元のファイルを残しつつファイルを圧縮する

gzipでファイルを圧縮すると元のファイルは圧縮されてなくなってしまいます。

今回は元のファイルを残しつつ、圧縮してみます。

「-c」オプションを使用します。

圧縮後にもファイルが存在していることがわかります。

「-c」は標準出力への出力ですが、それをリダイレクトしてファイルに書き込んでいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする