カーネルパラメータの変更方法(再起動後も有効)

カーネルパラメータの変更方法のご紹介です。

再起動後も設定を有効にするためには「/etc/sysctl.conf」ファイルに設定を記載します。

以下では最終行に「net.ipv4.tcp_keepalive_time = 17200」を追記しています。

即座に反映はされません。

反映したいタイミングで以下のコマンドを実行します。

確認してみましょう。

変更されたことがわかりました。

なお、タイトルの通り、今回ご紹介した方法の場合、再起動後にも変更内容は有効な状態となります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする