カーネルパラメータの変更方法(再起動するまで有効)

カーネルパラメータの変更方法のご紹介です。

sysctlコマンドの「-w」を使います。

まず、現在の値を確認します。「sysctrl -a」コマンドですべての値を出すこともできますが、表示が多く見間違える可能性があるため、「-n」オプションを使用し、個別に対応したほうがよいでしょう。

では「net.ipv4.tcp_keepalive_time」を「17200」に変更してみます。

先ほどと同じく確認コマンドを実行してみましょう。

値が変更されることが確認できました!

なお、タイトルの通り、今回ご紹介した方法では再起動すると設定は元に戻ってしまうのでご注意ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする