カーネルパニックの発生時に自動で再起動させる方法

カーネルパニックの発生時に自動で再起動させる方法をご紹介します。

やり方は簡単。

カーネルパラメータの「kernel.panic」を0以外の値に設定します。

例えば以下のように設定すると、カーネルパニック発生の10秒後に再起動がされるようになります。

再起動後もこの設定を有効にするためには、/etc/sysctl.confに以下の設定をいれておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange