Linuxでswap領域をクリアする方法

Linuxでswap領域をクリアする方法

メモリに空き容量がある場合

swapoff、swaponを使用します。

swapoffはスワップ領域を無効にするコマンド、swaponはスワップ領域を有効にするコマンドです。

以下は本コマンド実行前後のvmstatの結果です。

swpdの値が0になっていることがわかります。

メモリのキャッシュ領域を解放させる

drop_cachesを使用します。

echoで渡す値によって、クリアされる情報が異なります。

echoで渡す値 効果
0 デフォルト状態に戻す
1 ページキャッシュのクリア
2 Slabキャッシュ(※)のクリア
3 ページキャッシュとSlabキャッシュ(※)のクリア

※Slabキャッシュはディレクトリのメタデータ情報を格納するdentryやファイルのメタデータ情報を格納するinode構造体などをキャッシュしているカーネル内のメモリ領域です。

引用元:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0810/01/news134_3.html

なお、Slabの値は

の「Slab」の項目で確認できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange