logrotate.confではmissingokの記載場所に注意

/etc/logrotate.confの中に「include /etc/logrotate.d」の記載があります。

これは、「/etc/logrotate.d」ディレクトリ配下の内容を取り込むものです。

「include /etc/logrotate.d」の行よりも後ろにmissingokの記述を書いた場合には注意が必要です。この対象には「/etc/logrotate.d」ディレクトリ内のファイルも含まれます。

/etc/logrotate.d/ディレクトリに含まれるファイルに関しては、そのファイルにmissingokの記載がなく、かつログファイルが存在しない場合にはエラーとなります。

「/etc/logrotate.d」ディレクトリ内に設定ファイルを配置するというやり方は割と一般的なので、ご注意ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする