悪用禁止!ncコマンドでportが空いているかをチェックできます。

ncコマンドでportが空いているかのチェックを実施することができます。

詳細情報を表示したいときは「-v」オプションを使用します。

ポートの範囲を指定する場合は、以下のようにします。

例えば、「kamotora.net」のポート443~444が空いているかを確認する場合、以下のように実行します。

では実際に実行してみましょう。

443については「succeeded」、444については「connection timed out」になっています。

443はポートが空いており、444についてはポートが閉じていることがわかります。

ちなみに、ncコマンドの実行対象は自身が管理するサーバだけにしてください。

自身の管理するサーバ以外への実施はサイバー攻撃とみなされかねません。

ご利用の際にはご注意ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする