nslookupで名前解決をしてみる

nslookupコマンドの引数にIPアドレスを与えることで、名前解決をしてみましょう。

なお、以下の結果はConohaで利用しているVPSで実行しています。

「zzz.zzz.zzz.zzz」や「yyyy…」などはIPアドレスです。

この「in-addr.arpa」の行が名前解決の逆引きを行っている箇所です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする