opensslで作成した鍵の暗号化モードを変更する方法

opensslで作成した鍵の暗号化モードを変更する方法をご紹介します。

まずは暗号化方式AES256で暗号化した鍵を作成します。

暗号化方式AES256で暗号化した秘密鍵を暗号化方式DESに変更してみます。

重要な点は「-des」オプションを指定することです。

「-in」では先ほど作成した秘密鍵「aes256-encription.key」を指定します。

「Enter pass phrase for aes256-encription.key」では「aes256-encription.key」のパスワードを入力します。

「Enter PEM pass phrase」以降では暗号化方式をDESに変更した鍵のパスワードを入力します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする