opensslでCSR(証明書署名要求)を作成する

opensslでCSRを作成する方法をご紹介します。

CSR作成の前に秘密鍵を用意します。

まずは以下で「test.key」を作成します。

続いて、CSRを作成します。

書式は以下の通りです。

では実際にCSR作成してみましょう。

実行すると、いろんな入力を要求されます。

「Country Name」には国名です。日本の場合はJPですね。

「State or Province Name」は都市名です。東京の場合は「Tokyo」です。

「Locality Name」は市区町村名ですね。

「Organization Name」には会社名、

「Organizational Unit Name」には組織名。ここは空欄でも問題ありません。

「Common Name」はURLを入力します。

「A challenge password」はパスワードを入力します。パスワードなしにする場合には何も入力しません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする