sedで文末の「^M」を削除する方法

sedで文末の「^M」を削除する方法をご正気します。

「^M」を削除するコマンドは以下の通りです。

ここで注意すべきは「^M」の入力方法です。

キーボードで「^」「M」を入力するわけではありません。

「Ctrl-v」と「Ctrl-m」を連続して入力することでこの「^M」になります。

特殊文字のため、こういった方法が必要になるわけですね。

なお、先に挙げたsedコマンドは、オプションの「-i」を指定しているため、ファイルは上書きされます。

上書きしたくない場合には以下のように実行しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange