直前のコマンドの引数は「$_」で使用できます!

タイトルの通りですが、あまり知られていないのでご紹介します。

「$_」は直前のコマンドの引数を表します。

例を見てみましょう。

catコマンドで/etc/hostsの中身を確認することができます。

では、以下のように実行するとどうなるか。

  1. ls -l /etc/hosts
  2. ls -l /etc/motd
  3. ls -l $_

この場合、/etc/hostsの内容ではなく、/etc/motdの内容が表示されます。

試してみましょう。

lsコマンドの結果、/etc/motdが表示されることがわかります。

「$_」、使い慣れると非常に便利なものです。

ちなみに/etc/hostsをコピーする場合は以下のような手順で実行できます。

  1. ls -l /etc/hosts
  2. cp -p ${_}{,_bk}

「${_}」の箇所は「$_」ですが、「{}」がないとエラーになります。

コピーしたファイル名は「/etc/hosts_bk」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする