whoコマンド

ログインしているユーザを表示することができる「who」コマンド。

「man who」で確認すると、以下の説明がありました。

「w」コマンドを「man w」で確認すると、以下の説明になります。

つまり、「who」コマンドは、「w」コマンドのうち「誰がログインしているか」だけを知ることができるコマンドってことですね。

「w」コマンドのほうが多くを知れますし、入力する文字数が1文字で良いので、「who」コマンドをあえて使用するような場面はなさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする