リモートのmongodbへ接続する

リモートのmongodbへ接続する方法をご紹介します。

mongodbのバージョン3.6から、デフォルトの設定ではリモートのmongodbへの接続は許可されなくなりました。

「/etc/mongod.conf」を編集し、リモートからの接続を受け付けるように設定を変更する必要があります。

インストール直後の設定は以下の通り。

「bindIp」の欄が「127.0.0.1」になっていることがわかります。

これは、ローカルからの接続の許可するという設定です。

変更後

「bindIp」の欄を「0.0.0.0」に変更しました。

これはすべてのIPアドレスを許可する設定です。許可するIPアドレスが複数ある場合は、「カンマ(,)」で区切ります。

mongodb のバージョン3.6ではこのように記載しますが、以前のバージョン、例えば3.0.2では「bind_ip=0.0.0.0 」のように、「イコール(=)」で設定していました。

バージョンの違いによる設定方法の違いにご注意ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする