drop文とcreate文を含まずにmysqldumpを取得する方法

通常、mysqldumpを実行すると、既存のテーブルを削除するdrop文とテーブルを新たに生成するcreate文が含まれた形でdumpファイルが作成されます。

データの中身だけを取得したい場合には、drop文とcreate文は不要です。

その場合、「-t」オプションをつけることでdrop文とcreate文が除外されたデータが取得できます。

以下のように実行します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする