mysqlでIPアドレスで接続元を絞る場合の注意点

mysqlではデフォルトでDNSの逆引き参照が「ON」になっています。

そのため、IPアドレスにDNSの逆引きレコードが設定されている場合、mysqlの接続元を絞る際には注意が必要です。

以下ではkamoユーザで192.168.0.11のサーバからmysqlへ接続する際のことを考えてみます。

まずはmysql.userテーブルを確認してみます。

逆引きレコードが設定されていると、「192.168.0.11」のサーバから接続したとしても名前解決されてしまうため、設定されている名前での接続となってしまいます。

これ、mysqlはデフォルトでDNSの逆引き参照が「ON」になっていることに起因しています。

無効にすれば解決します。以下の設定を入れます。

カモトラはConoHaのVPSでこの事象に遭遇しました。

ConoHaのVPSサービスではグローバルIPアドレスにDNSの逆引きレコードが設定されています。

グローバルIPアドレスにDNSの逆引きレコードは設定されていますか?

初期状態で設定されていますが、コントロールパネルよりお客様にて変更いただくことも可能です。

参考URL:IPアドレス|ConoHa VPSサポート

接続がうまくいかないなーと思った時には、DNSの逆引き設定が影響を与えている可能性がありますので、頭の片隅に入れておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする