PHPでfor文を使う

PHPでfor文を使う

繰り返しの処理を行う際に利用することが多いfor文。

以下のように書きます。

for文の構文は以下の通りです。

実行される順番は、

「式1」→「繰り返し処理」→「式2」→「式3」

となります。

式1~3はそれぞれ以下の意味があります。

式1は初期値の代入。

式2は条件式。

式3は増減処理。

条件式でNGとなると、for文のループから抜けることになります。

ちなみに、3つある式ですが、すべて省略することも可能です。

ただし、セミコロン(;)は省略できないので、「for(;;)」のような式になります。

あまり使うことはないので、頭の片隅にでも置いといて頂ければと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする