PHPでif文を使う

PHPでif文を使う

if文は「もし~ならxxxxする」といった条件で処理を分岐する際に使う構文です。

以下のような文になります。

式の実行結果が正しい(trueとなる)場合に、if文の中のコマンドが実行されます。

「もし会員なら会員専用ページを表示する。」場合の例。

「もし~ならxxxxする。そうじゃなかった○○する」といった場合は、○○の部分の処理に「else」を使います。

「もし会員なら会員専用ページを表示する。そうじゃなかったら会員登録ページを表示する。」場合の例。

if文で分岐した中でさらにif文を使用することも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする