phpで時間の差を計算する方法

10/31の10時から10/31の19時半までの時間差を計算してみましょう。

コンピュータをかいさなければ「9時間半」ということがすぐにわかります。

これをphpで実装する方法を紹介します。

続いて、それぞれの時間を1970年1月1日からの秒数に変更します。

これで計算できるようになりました。

引き算するだけで計算できます。

最後に、時間の形に整えることで「9:30」という形式で表示されます。

なお、ここでは「H:i」で時間・分を表示していますが、ここに年や日付を表示すると「1970年1月1日」となってしまいます。

システムの時間は1970年1月1日から始まっており、そこを基準にこの差分の秒数を表示することで対応しています。

つまり、この差分を計算するはあくまで差分を計算する方法であり、年や日付を表示するものではないということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする