smartyで配列の要素数を確認する方法

smartyにおいて、配列$kamoの要素数を確認する方法のご紹介です。

以下の通り実行します。

ポイントは「|(パイプ)」と「@count」の箇所。

これで、要素数を確認しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする