smartyで現在の時刻を取得する方法

smartyで現在の時刻を取得する方法のご紹介です。

非常に簡単。あらかじめ用意されているsmartyの変数「$smarty」を使って以下のようにします。

ただし、このままだと1970年1月1日を基準とした現在の秒数が表示されてしまいます。

直感的にわかるようにするためには、以下のように「date_format」を使ってフォーマットを指定してあげる必要があります。

この場合、「2018/10/23 12:34:56」のような形式となります。

時間が不要な場合は以下のように記載します。

この場合、「2018/10/23」のような形式となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする