smartyでアクセスしたURLに特定の文字列が含まれているか確認する方法

アクセスしたURLに特定の文字列が含まれているかどうかをsmartyで確認する方法ですが、「strstr」を使用します。

「strstr」を使用するにあたり重要なことは以下の2点です。

  • 「strstr」の前の「|(パイプ)」の前後には空欄(スペース)を配置してはいけません!
  • また、「strstr」の後ろの「:(コロン)」の前後には空欄(スペース)を配置してはいけません!

エンジニアの中には詰めて書くスタイルが嫌いな人もいますが、この場合はスペースを入れてしまうと動作しないので気を付けましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする