pipのインストールに失敗した場合の対応をご紹介

CentOS 6.9、Python 2.6.6の環境で、pipのインストールに失敗した場合の対応方法をご紹介します。

まずは、失敗する場合をみてみましょう。

シンタックスエラーになりました。

では次に、成功する場合をみていきます。

以下のように、2.6用のファイルをダウンロードすることで対応しています。

「python get-pip.py」を実行すると、けっこうな量が出力されます。

パっとみた感じでは成功したのか、失敗したのかわかりませんので、「echo $?」で確認をしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする