sshでホスト鍵のチェックで追加確認のプロンプトを表示させないようにする方法

linux

sshコマンドは、接続した先のホストの鍵が、自身のknown_hostsに記載のない鍵だった場合に追加するかどうかを質問してきます。

追加しないと接続できないわけですし、一度yesを選択してしまえばknown_hostsに追加されるのでそれ以降は聞かれることはありません。

が、ちょっと面倒ですよね。

この場合、sshコマンドのオプションとして以下を指定してあげれば解決します。

「ホスト鍵のチェックをしない」という設定ですね。デフォルトは「ask」になっています。

この設定を入れることで、ホスト鍵のチェックをしなくなり、known_hostsに記載がなくても、追加するかどうか聞かれることがなくなります。

聞かれることがなくなったのは、自動で追加されているからです。

 

さて、使い方ですが以下の通り「-o」オプションの後ろにつけます。

たったこれだけ。

 

 

実際に接続してみましょう。

 

追加するかどうかの確認プロンプトが出ることなく、「Permanently added ‘192.168.1.1’ (RSA) to the list of known hosts.」、つまり「known hostsにIP追加したよ」と言っているわけです。

 

 

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました